ギャンブル漫画15選。スリルと快感を味わえる命懸けの駆け引き

ギャンブル漫画15選。スリルと快感を味わえる命懸けの駆け引き

金や財産、ときには命すら賭けて行われるギャンブル。ギャンブルの魔力は人を狂気へと誘い、破滅へと導きます。そんなギャンブルに魅入られた特別な人間たちや特殊ギャンブルを扱った作品を紹介します。ギャンブルを危ないと思うか、それとも楽しいと思うかはあなた次第です。

目次

  1. 1
    人間くささが魅力。福本作品のギャンブル漫画
  2. 賭博黙示録カイジ
  3. 賭博破戒録カイジ
  4. アカギ
  5. 銀と金
  6. 賭博覇王伝 零
  7. 天〜天和通りの快男児〜
  8. 2
    心理戦。だまし合いのギャンブル漫画
  9. 嘘喰い
  10. LIAR GAME
  11. ONE OUTS
  12. アプサラス
  13. ACMA:GAME
  14. ノーゲーム・ノーライフ
  15. 3
    敗北は死。命を賭けたギャンブル漫画
  16. 今際の国のアリス
  17. リアルアカウント
  18. 死神サイ殺ゲーム
  19. 4
    すべてを賭けたギャンブルを堪能しよう
  • 人間くささが魅力。福本作品のギャンブル漫画

    賭博黙示録カイジ13

    賭博黙示録カイジ13

    400

    帝愛グループのドン・兵藤を、自ら提案した「くじ引き勝負」のテーブルに着かせたカイジ。事前に“仕込み”を行っている以上、カイジの勝利はほぼ確定している。これで兵藤に一矢報おうとするカイジに対し、兵藤は「三つの条件」を提示、その中には「最初にクジを引くのは自分」ということが含まれていた……。一度くらい先に引かせても大丈夫、とその条件を呑むカイジだが……。賭け金は1億、カイジが負けた場合は5本の指を斬り落とす——という最後のギャンブル。勝負の行方は……。

    ギャンブル漫画を語る上で、福本伸行さんという漫画家の存在は外せません。彼は幾つものギャンブル漫画をヒットさせてきました。そこでまず、福本伸行さん原作のおすすめギャンブル漫画を紹介します。

  • 賭博黙示録カイジ1

    賭博黙示録カイジ1

    400

    上京後、自堕落な日々を過ごしていた伊藤開司(カイジ)は、ある日金融業者の遠藤により、かつて自分が保証人になっていた借金を押しつけられる。遠藤に誘われるままカイジは負債者に借金一括返済のチャンスを与えるというギャンブル船「エスポワール」に乗り込む。そこで行われるのはカード12枚を使った「限定ジャンケン」。うまく勝てば借金は帳消しだが、負ければ命の保証は無いというものだった……。

    賭博黙示録カイジ

    1996年から始まり、現在も連載が続いているカイジシリーズ1作目です。伊藤カイジ(いとう かいじ)という青年は、定職にもつかずに自堕落な生活を過ごしていました。 そんな彼の元に、金融業者の遠藤が現れかつて自分が保証人になっていた借金のことを知らされます。その借金が膨らんでおり、カイジに立て替えろと詰め寄るのでした。 もちろん数百万円の借金を払う能力は今のカイジにはありません。そんなカイジに遠藤が持ちかけたのは最初に借金一括返済のチャンスを与えると言うギャンブル船"エスポワール"の中で開かれるギャンブルイベントに参加することでした。 限定ジャンケン・鉄骨渡り・Eカードという3種類のギャンブルをテーマに、カイジは身を滅ぼすギャンブルへと足を踏み入れます。

  • 賭博破戒録カイジ1

    賭博破戒録カイジ1

    400

    人気の賭博コミック、第3章「欲望の沼」に突入! 利根川(とねがわ)が失脚後、不遇をかこっていた遠藤(えんどう)に渡された劣悪債務者リスト。そこには、忘れもしない伊藤開司(カイジ)の写真が! 彼を見つけ出そうとする遠藤の前に、当のカイジが現れて、ギャンブルを紹介してくれと頼み込む。しかし、カイジはその場で確保されて、地獄のような強制労働施設に連れて行かれ……!?

    賭博破戒録カイジ

    カイジシリーズの第2弾です。前作で多額の借金を背負ったカイジは、遠藤の元を訪れてギャンブルを紹介するように依頼します。しかし遠藤はもはやカイジに紹介するギャンブルはないと告げ、クスリでカイジを眠らせるとどこかへと連れて行きました。 カイジが連れてこられたのは帝愛地下王国です。脱出不可能な地下施設では、施設利用料や借金返済額を引いた手取りは1日350円という法外な報酬できつい労働をさせられます。粉塵まみれの劣悪な環境は病気になりやすく、まともな医者もいないので病気になったら死ぬしかありません。 そんな場所を脱出するために、カイジはギャンブルによって勝利し、地上に出ることを目論みます。そのために班長である大石と対立し、大きなギャンブルを持ちかけるのでした。 チンチロ・パチンコ"沼"という2つのギャンブルが行われます。カイジは借金を返済し、自由の身になることができるのでしょうか。

  • アカギ(1)

    アカギ(1)

    400

    雨降る場末の雀荘に迷い込んだひとりの少年。それまでの短い人生をいやが応にも人に想像することを強いる真白な髪、その目の奥は底なしの闇——彼の名はアカギ。後に神域の男と呼ばれ、裏社会に伝説をつくった男——あの赤木だった!!

    アカギ

    雨が降る雀荘に現れた中学生の少年・アカギは、後に裏社会を震撼させる雀士になります。この物語は、そんなアカギの半生を綴った物語です。 このとき、麻雀のルールすら知らなかったアカギでしたが、ヤクザの代打ちであるヤギを負かしてしまいます。そうしてアカギは、裏の麻雀の世界に足を踏み入れていくのでした。 アカギがどんなにうまい打ち手であっても、麻雀では運次第であっさり死ぬことがあります。そんな不条理を愛し、すべてを賭ける破滅的なギャンブルこそが、アカギを唯一熱くさせるものでした。 元々本作は『天 天和通りの快男児』に登場していたアカギを主役にしたスピンオフ作品になります。アカギの活躍をもっと読みたい方は、そちらの作品を読んでみるとよいでしょう。

  • 銀と金1

    銀と金1

    400

    裏社会で頭脳と心理戦を駆使して巨万の富を得ていく男達の活躍を描いた賭博コミック。競馬でスッカラカンになってしまった森田鉄雄(もりた・てつお)は、平井銀二(ひらい・ぎんじ)に声をかけられ、日当10万円の仕事を持ちかけられる。そして翌日、みかん箱10箱を運んだ森田は、その箱の中には不正融資で得た10億円が入っていると平井から知らされて……!?

    銀と金

    裏社会で巨万の富を開いている平井銀二(ひらい ぎんじ)はただの青年である森田(もりた)仲間に引き入れます。銀二とともに森田は、大金を賭けたギャンブルの橋を渡っていくことになるのでした。 常に冷静沈着で人の心理の裏をかくことに長けた錦二と、失うものがない故に自分の本能と直感を信じることができる森田のコンビは、企業の社長や美術家、政治家と億をくだらないギャンブルをするのでした。 これはただの悪党だった錦二と森田が、 ギャンブルにより成り上がっていく話です。

  • 賭博覇王伝 零1

    賭博覇王伝 零1

    400

    「王が必要なんじゃ。強力な王が……!!」。「王への試験」という命がけのギャンブルに挑んでいく秀才少年・宇海零(うかい・ぜろ)の活躍を描いたギャンブルコミック。振り込め詐欺の被害者を救済する“義賊騒動”を巻き起こした零とその仲間は、日本一の資産家・在全無量(ざいぜん・むりょう)に、「王への試験」の参加を認められる。しかし零を待ち受けていたのは、死と隣り合わせの究極のギャンブルばかりだった!!現在、少年マガジンにて「賭博覇王伝 零 ギャン鬼編」連載中

    賭博覇王伝 零

    大富豪・在全無量(ざいぜん むりょう)が建設中のギャンブルと遊園地の融合施設"ドリームキングダム"に呼ばれた宇海零(うかい ぜろ)とその仲間たちは、そこで賞金1000億円をかけた命懸けのギャンブルを行うことになります。 ギャンブルはどれもオリジナルのルールになっていて、敗北すれば死ぬこともあるものばかりです。他のギャンブラーとも対戦しつつ、零は仲間とともにギャンブルをクリアしていくのでした。 零は人がよく、参加した目的は振込詐欺の被害者を救済することです。そんなお人好しの零ですが、ギャンブルになると冷静かつ合理的な判断でクリアしていきます。

  • 天〜天和通りの快男児〜 1

    天〜天和通りの快男児〜 1

    400

    顔に無数の傷をもつ男——天(てん)。見かけの豪放さとは違い彼の打つマージャンは繊細で思慮深い。権謀術数の卓上に彼の不敵な微笑が浮かぶ。ある日、なじみの雀荘のピンチを聞きつけた天はその店へとおもむく。しかしそこにいたのは、まだあどけなさの残る若者ひろゆきであった。

    天〜天和通りの快男児〜

    福本麻雀作品の原点とも言うべき作品で、本作からは『アカギ 〜闇に降り立った天才〜』や『HERO -逆境の闘牌-』など、数々のスピンオフが誕生しました。 物語は、2人の主人公・天とひろゆきが出会うところから始まります。雀荘で荒稼ぎするひろゆきを懲らしめるために呼ばれた天は、イカサマによってひろゆきを負かします。見え見えのイカサマに納得がいかないひろゆきですが、何度か天と関わり合ううちに、彼の生き方、そして麻雀に敬意を抱くようになります。 やがて二人が打つ麻雀は、東西のヤクザの代理戦争ともなるほどの大きなものになっていきます。理詰めの麻雀を打つひろゆきと、勝負強さと勝利への意志で戦う天という、2人の対照的な打ち方が魅力的です。 麻雀というギャンブルに賭ける男達の生き様を描いています。

  • 心理戦。だまし合いのギャンブル漫画

    嘘喰い 49

    嘘喰い 49

    488

    ついに貘の仕掛けた一世一代の策“閏秒”が切間創一に炸裂!! たった1秒の為、途方も無いスケールで仕込まれた一撃は、果たして嘘喰い史上最強の敵を屠るに至るのか!? そして“屋形越え”の決着と共に物語はいよいよ終局へ――…。賭博(ギャンブル)に魅せられ、全てを捧げた男の武勇録、『嘘喰い』堂々完結――!!

    心理戦で相手の裏をかき、大胆不敵なトリックで相手をだますことこそがギャンブルの真骨頂です。そんな心理戦とだまし合いがものを言うギャンブル漫画を紹介します。

  • 嘘喰い 1

    嘘喰い 1

    480

    遊ぶ金欲しさに闇金に手を出し、取立てに追われる青年・梶くんの前に現れた謎の男・斑目貘。自らギャンブラーと名乗り、借金返済を手伝うと豪語する貘は、闇カジノへと乗り込むが…!?

    嘘喰い

    「あんた、嘘つきだね」の決め台詞で知られるギャンブル漫画の名作です。 この世界には古くから続く賭け事を取り仕切る組織"賭郎"があります。賭郎とは、ギャンブルで勝てたものも敗北者からきっちり取れたているための組織です。この組織があるからこそ、どんな高レートでも、たとえ命を賭けてもギャンブルとして成立するのです。 "嘘喰い"と呼ばれる天才的なギャンブラー・斑目貘(まだらめ ばく)は、そんな賭郎の会員たちにギャンブルで勝ち、莫大な資産と権力を手に入れていきます。彼の目的はただ一つ、賭郎の頂点に立つ"お館様"と呼ばれる存在とギャンブルをすることです。 さまざまなギャンブラーと命懸けで戦う斑目 貘に待つのは勝利か、それとも破滅なのでしょうか。

  • LIAR GAME 1

    LIAR GAME 1

    480

    ある日突然送られてきた小包。その中には「おめでとうございます。あなたは10万分の1の確率をくぐりぬけ、ライアーゲームにエントリーされました」という手紙と、現金1億円が同封されていた。それがライアーゲームのスタートだった。30日後のゲーム終了日に、自分の所持金1億円を返還する。ルールはそれだけ。首尾よく対戦相手の所持金を奪うことのできた勝者は1億円を手にし、敗者は1億円の負債を背負う…。誰を信用すべきなのか、誰を信用してはいけないのか…。大金を前に揺れ動く、人間心理を描破した問題作!

    LIAR GAME

    女子大生・神崎直(かんざき なお)の元に小包が送られてきます。その中には「おめでとうございます。あなたは10万分の1の確率をくぐりぬけ、ライアーゲームにエントリーされました」というメッセージとともに1億円が入っていました。 直は計らずしもゲームに参戦することになってしまったのです。対戦相手は直が小学校の頃の恩師でした。恩師に金を預けすべてを任せた直でしたが、ふとしたことで恩師にだまされたことを知ってしまいます。 困り果てた直は、 復讐のために巨大なマルチ企業を潰したという天才詐欺師・秋山 深一(あきやま しんいち)に助けを相談します。直の正直さに胸を打たれた秋山は直に協力し、ライアーゲームに参戦するのでした。 ライアーゲームは2回戦、3回戦とあり、シビアな戦いが待っています。 正直が取り柄りえだけの直と天才詐欺師秋山は、人をだますことで勝利するLIAR GAMEの運営を潰すため、このゲームでさまざまなプレイヤーと戦います。

  • ONE OUTS 1

    ONE OUTS 1

    480

    “優勝に必要な何かが足りない” その“何か”を捜して、沖縄で自主トレに励む“不運の天才打者”児島弘道。そこで彼は一人の男と出会う。120km/hそこそこの直球だけで、賭野球“ワンナウト”で無敗を誇る男。彼は名乗る。渡久地東亜と…。

    ONE OUTS

    万年Bクラスの弱小球団であるリカオンズに所属する天才打者・児島弘道(こじま ひろみち)は沖縄で自主トレーニングに励んでいたところ、賭け野球で無敗を誇るピッチャー・渡久地東亜(とくち とうあ)と出会います。賭け野球で渡久地と対戦し、1度は敗北した児島でしたが、2度目の勝負で捨て身の戦法でリベンジを果たします。 児島がギャンブルの報酬として渡久地に出した条件は、リカオンズを優勝させることでした。 渡久地はリカオンズに入団し、完全出来高制である"ワンナウト契約"をオーナーと結びました。渡久地を中心に、リカオンズの挑戦がスタートします。 本作は野球をテーマにしていますが、そこにあるのは情報戦や心理戦、反則を含めてルールの裏をかく戦法だったりという盤外戦術の方がメインです。他の球団を出し抜き、渡久地はリカオンズを優勝に導けるのでしょうか。

  • アプサラス 1

    アプサラス 1

    550

    ●あらすじ/17年前、託児所の前に男の子が捨てられていた。その小さな手に握られていたのは、二の目に一匹の虎が坐る古びた賽(さい)。遥か昔のインドで祈りをこめて造られた、摩訶不思議な象牙の賽である。現在高校生になった翔は、放課後、託児所「ニコニコ園」で働いている。ある日、そのニコニコ園で小さなトラブルがあった。園に通っている子・シンちゃんの母親が迎えにこないのだ。聞けば父親がギャンブルにはまり、返済のため母親が懸命に働いているらしい。そのギャンブルは、サイコロ賭博のチンチロリン。孫のミナコからその話を聞いた兆治は「カタギの遊びじゃねえなぁ」と心配する(第1話)。●本巻の特徴/翔の持っている賽を見た兆治は、それが賭博の女神・アプサラスの名を冠した幻のサイコロであることに気がついた。その賽を持つ者には女神が微笑むという伝説を知っていた兆治は、翔にチンチロリンを指南。翔に確かな運があることを確認する。そして兆治は、シンちゃんの父親を助けるため、翔を連れて賭博場「CLUB CUBE」に乗り込んだ。イカサマ師たちが渦巻く鉄火場で、翔と兆治の正義のための闘いが始まる!!

    アプサラス

    夏八木翔(なつやぎ しょう)は、幼少の頃に親に捨てられ、今の養父に引き取られて暮らしていました。翔は養父と友に託児施設"ニコニコ園"で、子どもたちを預かる心優しい高校生です。 ある日、園児の1人・シンちゃんの父親がギャンブルにハマってしまい、返済のため母親が働き、シンちゃんを迎えにこれないというトラブルが発生します。その話を聞いた兆治(ちょうじ)は、翔の持っている不思議なサイコロを使えば、この問題を解決できるという提案をします。 翔が持っていたそのサイコロは、彼が託児所の前で捨てられていたときも持っていたものでした。2の目に虎が書かれている古びたサイコロは、翔の願った通りの目をだすという曰く付きのサイコロだったのです。 そのサイコロを持って、翔はシンちゃんの父親の代わりにギャンブルに挑むのでした。

無料ランキング

  • 1

    聖女の魔力は万能です

  • 2

    ミントチョコレート

  • 3

    ねぇ先生、知らないの?

  • 4

    魔法世界の受付嬢になりたいです

  • 5

    きみは面倒な婚約者

  • 6

    第三王子は発光ブツにつき、直視注意!