シリーズ詳細

「IS(インターセクシャル)」確率として、2000人に1人。「性」というデリケートな壁を前に、声も出せず震えている“私たち”を知ってください――。《CASE 1:ヒロミ》 戸籍の性別は空欄のまま。女として育ったけれど、“フツウ”と違う身体。「一生恋愛できない」と思っていたヒロミに、同僚から突然の告白が。身体のこと、好きな人に知られたら……!? /《CASE 2:竜馬(りょうま)》 17歳の夏、僕の身体は“女性化”しはじめた――。自分らしく生きるため、カミングアウトをするのだが……!? 

1〜3巻を無料で読む

無料期間:2020年04月23日まで

マンガレビュー公式レビュー

  • 『インターセクシャル』という、【男でも女でもない性】についてシリアスかつドラマチックに描いたのがこちら。
    女として育ってきたのに、親にはその事実を告げられず、人とは違う体に悩む日々。そして大人になっても普通の恋ができない不安…。
    重苦しい現実に絶望する主人公が、ある母の真実を知る事で、生きる希望を見つけていく姿に胸を打たれる作品です。

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2019年12月9日18時15分

    「体の多様性」という視点に気づかせてくれた作品でした。


    https://jobrainbow.jp/magazine/intersexdsd
    より

    「インターセックスの正式名称は「DSD」です。これはDisorders of Sex DevelopmentまたはDifference of Sex Developmentの略で、日本語に直訳すると、「体の性の様々な発達」という意味になります。」

    とのことです。

    DSD(IS)の方とそのご家族に、尊厳と理解をもった対応がなされることを心から願います。

  • ゲスト

    2019年6月26日00時39分

    苦痛…

    偏見や差別はいけないことと分かってはいますが、生理的に受け入れられませんでした。
    本日のミッションになっていたので、ほとんど読まずにページだけ繰りました。
    これほど癖の強い作品をミッションとして読ませるのは罷めてほしいです。

  • ましゃまま

    2019年3月31日06時47分

    2000人に1人、日本の中で約6万人もの人達がいるはずなのに、今まで出会った事がないのは、ISであることを隠して生きているからなのか…
    もっとたくさんの人に知ってもらいたい、ISの人達が隠さず幸せに生きられる世の中になってほしい、と強く思いました。

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品

© CyberAgent, Inc.