機械仕掛けの愛 2

既刊7巻

機械仕掛けの愛 2

4.7
7
630
獲得予定ポイント11
恋人ロボは僕に言った。「私に愛情はありません。機能があるだけなんです」そして彼女は姿を消した。高いビルから飛び降りたのだ。宅配ロボ、監視ロボ、尋問官、教師……ロボットたちの“単なる機能”が、私たちに“ココロ”を見せる。第17回手塚治虫文化賞「短編賞」を受賞した寓話的オムニバス!!ーー愛も痛みも感じぬキカイが、ヒトの想いを守り続ける。
カテゴリ
この作品を読んだ人におすすめ
めくって試し読み
既刊7巻

編集部PICKUPシーン