レビュー記事

育児と仕事の両立に悩むアナタへ。背中を押してくれるマンガ5選

  • 37.5℃の涙
  • ひだまり保育園 おとな組
  • こんなワタシが働く「お母さん」!? パニック障害といっしょ。
  • カンナさーん!
  • 赤ちゃんのホスト
『働くママたるもの、育児も仕事も家事も全力投球!』…できたら理想なのですが、現実はそうもいきません。時間に追われ、余裕のない毎日についイライラしてしまいがちですよね。そんな時にぜひ読んで欲しいのが、この作品。必死に頑張るママの姿に自分を重ねずにはいられません。主人公たちに元気と勇気をもらおう!
  • 働くママのバイブルとして薦めたいのがこの一冊!
    子供は突然熱を出したり、病気をもらってきたりしますよね…。
    特に乳幼児期はすぐ病気になってしまい、思うように勤務する事ができません。
    復帰したばかりで休みにくかったり、度重なる欠勤で気まずい思いをする人も多いはず。
    そんなワーキングママのこころ強い味方が、病児保育士なのです。
    保育士達が目の当たりにする育児の現実が胸に刺さります。
    ワンオペ育児で悩む人も、シングルで頑張る人も…様々なお母さん達の頑張る姿に共感せずにはいられません!
    37.5℃の涙
    このマンガを詳しく見る
  • 子供が熱を出して保育園からお迎え要請、行くのはいつも母の役割。そんなお母さんも多いですよね。

    病院に連れて行くのも、看病するのも自分。自分だって仕事があるのに…。
    こうして少しずつストレスが溜まっていませんか?
    夫に対しての不満も爆発寸前!!
    そんな時、この作品をぜひ読んで欲しい!

    『私たちが「察して」って思っちゃうのは、私たちが常にダンナのこと察してあげちゃってるからじゃない?』

    など、刺さりまくる主婦達の会話に心が救われるはず。
    同志よ集まれ!
    このマンガを詳しく見る
  • ワーキングマザーの誰もが入り込む迷路、それが「子供を本当に保育園に入れて良かったのか?」という解読困難な道。
    私もかれこれ一年くらいは悩みました。
    子供といるべきなのでは?こんなに泣かせてまで働く意味って?
    例に漏れず、パニック障害を抱える作者もその葛藤に悩む1人だったのです。
    では、どうやってその悩みが解決したのか?
    それは読んでみれば、きっとその答えが分かるはず。
    このマンガを詳しく見る
  • フルタイムでバリバリ仕事をしながら子育てをするのは本当に大変!
    特に、カンナさんのようなシングルマザーは、自分が稼がねばいけない使命感もあるのでプレッシャーも人一倍あるのです。
    それでもめげずに、日々を楽しく生きようとする彼女の姿勢がとってもカッコイイ!
    健気すぎる息子のレオン君にも癒されます。
    シングルでもそうでなくても、全ての働く母たちへ捧げたい。元気がもらえる一冊!
    このマンガを詳しく見る
  • 「お前がそんなんだから、息子にイライラ伝染して漏らすんじゃねーの?」

    はい!地雷踏んだ!
    このお父さん全ワーママを敵にするNGワード言いましたよね。
    どうして母親ばかり負担が大きいのか?共働きの永遠の課題のような気もします。
    (もちろん、率先して動いてくれる父親もいますが、実際はごく一部の話…。)
    本作の3巻以降のお話では、そんな夫に嫌気がさしたワーママが「トンデモない行動」に出るのです…!
    夫はことの重大さに気づいてくれるのでしょうか?
    働きやすく育てやすい世の中の第一歩は、まず家族(夫)から…?
    赤ちゃんのホスト
    このマンガを詳しく見る
雑食すぎる書店員えんまゆ
35歳 | 読書のお時間ですスタッフ
ひたすらマンガを読み漁ってきた電子書店員。常に面白アンテナ張ってます。
「ママはテンパリスト」のごっちゃんのような息子と、爆笑ドタバタ劇を過ごす日々。
ギャグ・サブカル系・恋愛モノが主食だけど雑食です。

この記事をシェアする