シリーズ詳細

どこにでもある平和な保育園。でも、その周りの“おとな”たちには、平和ではいられない苦悩や葛藤が——。「産後クライシスの働く母」「将来に不安を抱えるシングルマザー」「ある秘密を抱えた男性保育士」「高齢出産をしたキャリアウーマン」などなど、それぞれがそれぞれに、大きな問題を抱えているようで…!?『ヒヤマケンタロウの妊娠』で話題を呼んだ作者が描く、笑って泣けるオムニバス家族ストーリー!

公式レビュー

  • 子供が熱を出して保育園からお迎え要請、行くのはいつも母の役割。そんなお母さんも多いですよね。

    病院に連れて行くのも、看病するのも自分。自分だって仕事があるのに…。
    こうして少しずつストレスが溜まっていませんか?
    夫に対しての不満も爆発寸前!!
    そんな時、この作品をぜひ読んで欲しい!

    『私たちが「察して」って思っちゃうのは、私たちが常にダンナのこと察してあげちゃってるからじゃない?』

    など、刺さりまくる主婦達の会話に心が救われるはず。
    同志よ集まれ!

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2018年3月31日04時05分

    共感!

    子育てって2人でするもの…なのになぜか孤独を感じてしまう。

  • beautifulsky2016

    2018年2月24日02時54分

    納得

    子供達が小さい頃はこんな感じだったな、と懐かしく思った。

    働きながら、専業主婦でも子育てに悩みはつきものです。そして皆同じようなことで悩んでる。一人じゃない。

  • yuito-0809

    2018年2月24日01時02分

    共感できる

    私も初めての育児で読んでてとっても共感する場面があり、ストレスが溜まって旦那に当たったり、自分にイラついてた時期がありました。
    今では4歳になり、男の子なので活発になって
    だいぶ手も掛からなくなりました。
    幼稚園行ってる間は自分の時間が出来たので気持ちにゆとりが持てるようになりました。

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品