読書のお時間です by Ameba 電子コミック20万冊以上!

シリーズ詳細

初恋の女性が遺した娘が女になった時、それは男の葛藤の始まりだった──。高校教師・津端陽市(つばたひろいち)は、初恋の人・弘前柊子(ひろまえしゅうこ)の遺言を守り、彼女の娘・ユヅコの親代わりとなって育ててきた。津端の高校の教え子となったユヅコは、成績優秀、品行方正、絵に描いたような優等生…だが、ひとつ大きな問題が。「お母さんの代わりに、私を好きにしていいんだよ」柊子に永遠に叶わない恋をする津端に、その身の全てを捧げようとするユヅコ。母親と瓜二つの姿で欲情を煽るユヅコに、津端の理性は限界で──!?一途過ぎる想いを抱えたふたりの、甘く切ない恋物語。

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2017年9月19日01時36分

    最後はあっちゅーまだったなあ

    3巻までの丁寧な流れですごい好きだ!と楽しみにしてた結末だっただけに期待しすぎたよう。エンディングへの流れがサラリと流しすぎに感じた。そんなに簡単に恋心感じちゃうのか、と肩透かしだったし、一方でラブシーンも微妙で、最後の締めくくりが弱かった。3巻までが良かっただけに、この巻はなんていうか雑に感じました。

  • ゲスト

    2017年6月17日20時36分

    早く続きが読みたい

    渋い話だ…。だが、よく出来ている。フィクションなのに、繊細な登場人物のそれぞれの違った考え方が良いも悪いもなくすごく細かくリアルに描いている。母親と子供がよく似ている、という設定でも、その違いの細かさが、なかなか素晴らしいと思います。人の観察がよく出来ていると思います。不安な感情も、きちんと描かれていてクライマックスに近づくけれども丁寧で省略がなく、読んでいてその先を気にさせます。とても渋いテーマですが、丁寧かつ繊細さが独特で面白かったです。また続きが出たら読みます。

  • るみ姐

    2017年10月10日10時29分
みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品