読書のお時間です by Ameba 電子コミック20万冊以上!

シリーズ詳細

俵宗太は、東京在住のウェブデザイナー。故郷に帰った彼が実家のうどん屋で見つけたのは、釜の中で眠りこける不思議な子どもだった。実はその子には他の人には言えない秘密があって!? ゆったりと時間が流れる“うどんの国”を舞台に、ちょっと不器用なふたりのあたたかい共同生活が始まる。堂々第1巻!

公式レビュー

  • かわいい子どもにタヌキが化けてるって分かっててもかわいいんだからしょうがない!
    親が亡くなって東京での仕事を離れて故郷である香川の実家のうどん屋に帰ってきたら、そこにいたのは子どもに化けたタヌキの子!懐かれてしまいポコと名付けて擬似父子として暮らしていくことになるんですが、もうポコがかわいいのなんのって!
    気を抜いたらふわふわの耳や尻尾が出ちゃったり、人間の子どもと一緒で分からないことだらけでちょろちょろ動きまわって失敗して反省したり。絵柄もキュートで最高です!

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2019年3月13日13時19分

    声上げて大泣きしてしまった!!!

    最終巻とか嫌やぁ〜〜〜!終らないで〜〜〜。優しい人達に囲まれて、やっと皆で協力して一緒に生きていけると思ったのに、お別れだなんて。お山で力を蓄えてポコちゃんが元気になって宗太のもとへ帰ってきて欲しい。お参り途中で会った狸さんがポコちゃんの昔からの知り合いで助けてくれるとか、そんなお話にならないかな?人を外見で判断するなとか、離れて解る日常に隠された良さとか、寄り添ってくれる人の暖かさとか考えさせられる作品だった。皆に薦めまくっているが、特に子供達に読んでもらいたい。暖かい心を育てる作品だと思います。続編やサイドストーリー等、また、ポコちゃんと会える日を願って待ってます‼

  • ゲスト

    2019年3月10日15時01分

    最終巻泣きっぱなしでした…
    お山で力蓄えて、またポコとみんなが会えるといいなぁ…

  • ノア

    2019年3月9日13時55分

    めちゃくちゃ泣けた
    ずっと一緒に暮らして行ってほしかった

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品