ホーム少女・女性
声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~

既刊17巻

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ 14

600
4.5
34
明治後期、人身売買の競りにかけられた少女チヌと姉のサヨリ。チヌは矢津遊郭の「東陽楼」の娼妓となり、サヨリは金持ちに愛人を斡旋する男・瀬島の手に落ちる。ある日、チヌの常連客・後藤田に縁談の話が舞い込む。花嫁候補・百々子の祖父は大手「大来水運」の経営者。縁を結ぶと後藤田の会社も大きく成長するが、自由な生活に幕を降ろす必要があった。果たして縁談はうまく進むのか――?
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    既刊17巻

    編集部PICKUPシーン