ホーム少女・女性
声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~

既刊17巻

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ 17

600
4.5
34
明治後期、人身売買の競りにかけられた少女チヌと姉のサヨリ。チヌは矢津遊郭の「東陽楼」の娼妓となり、サヨリは金持ちに愛人を斡旋する男・瀬島の手に落ちる。チヌは大地主・公三郎を旦那につけるも、公三郎とは体を重ねていない仲。そんなある日、公三郎は一緒に駆け落ちし、自分を残して死んでいった華族令嬢・寿子に瓜ふたつの女郎・早みどりに出会い、チヌの旦那であることをやめ、早みどりの旦那になってしまう。一方、サヨリはかつてはお香の名で妾として金持ちを渡り歩いていたが、今では女郎へと身を落としていた。
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    既刊17巻

    編集部PICKUPシーン