「ここは狂った海の檻」

全5巻|完結

「ここは狂った海の檻」

作者
4.8
4
「性処理道具として役立ててもらえるんだからありがたく思え」シゴかれながら挿れられて、知らなかった快楽を強制的に教え込まれる――潜水艦乗員の実習を受ける蒼央。だが、夜の艦内に響くうめき声が気になって見に行くと、そこで繰り広げられていたのは、乗員同士の乱交。そしてそれを指示していたのは、尊敬する上官・深名だった…。「快感に狂う人間はいつ見ても面白い」とサディスティックに笑い、蒼央を性のハケ口にする深名。だがその表情はどこか翳っていて――?
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    全5巻|完結

    編集部PICKUPシーン