読書のお時間です by Ameba 電子コミック20万冊以上!

シリーズ詳細

高森鈴花(たかもりすずか)は、男の人が苦手な女子高生。そんな鈴花はある日、何者かに海に落とされ、中華風の異世界・紹(シャオ)に迷い込んでしまう!言葉も通じず、困り果てた鈴花を助けてくれたのは、天真爛漫な少年・高星(ガオシン)と妖艶な美青年・永陽(ヨンヤン)。二人は紹(シャオ)の中でも高位な家柄の貴族だった。優しく接してくれる高星と永陽に、次第に親しみを感じていく鈴花。そんな時、突然、高星にプロポーズされて―!?時をかける運命の中華ロマンス!

公式レビュー

  • 何者かに海に落とされ、異世界に迷い込んでしまった鈴花。言葉も通じず、異国の人間として危険な目に遭いそうなところをイケメンが現れて…。2人は恋に落ちるのですが、異世界の人間であるということ、そして王宮の決まりが2人の恋の邪魔をします。意外と鈴花が能天気なところがあるので、彼女の行動からも目が離せません!

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2019年7月6日16時29分

    幼い頃のガオシンがめっちゃ可愛くて別れのシーン泣けた。あの時すずかを突き落としたのはすずか本人だったんですね、また再会出来た所でキレイに終わったけどこれまだまだ続くんですよね(笑)この先どんな事が2人に起こるのか楽しみ!

  • ゲスト

    2019年6月1日17時24分

    う~ん

    本当は4巻で終了する予定だったようで、5巻以降がこの手の話としてはありきたりで、いまいち主人公の女の子の魅力が伝わってこなかった。愛する人の他の人の子供も愛さなければならないという設定自体は独自性があって良いと思ったが、それを受け入れる過程がいまいち府に落ちず、また、実際の描写がなく、モヤモヤ感が残った。
    設定の世界が異なるが、読んでいると、天は紅い河~の話を頻繁に思い出し、あちらの方がよく練られた話だと思った。

  • ゲスト

    2019年5月9日22時21分

    終わったなぁ〜。

    ドキドキハラハラしながら読んで新刊待ちしてたけど、ついに終わってしまった…嬉しいやらさみしいやら。
    最後はガオシンと鈴花ちゃんの2人の子供もみれて、他の人たちの様子もみれて気持ち良く終わっていったなぁ。

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品