読書のお時間です by Ameba 電子コミック20万冊以上!

シリーズ詳細

まんまるポタジェ
作者
出版社集英社
掲載誌YOU
ジャンル女性
ここからはじまるわたしらしい暮らし── 都内でバリバリ働いていた塔子は過労で入院。退院を機に家族で引っ越した先は、都心から車で一時間くらいの田舎町。料理人のヒロくんはそこでカフェを開くと宣言! そして、仕事にかまけて距離の出来ていたハナとの関係は前途多難。どうなる、塔子の新生活?

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2019年3月24日20時31分

    最終回まてこの調子なのか?

    一日一話で一巻分読みました。
    絵は可愛らしくて読みやすいんですが、塔子がテキパキ仕事して過労で倒れ田舎に引っ越して、カフェを開いてやっていくという設定なのですが…。
    接客業が向いていないのかよくお盆を落とすシーンがうざったいほどあったり、一人娘との距離が縮まらないままだったり。
    話の展開が遅く、人との絆の深まり方や関係の結び方の描き方が浅いなと思います。
    都会から田舎に引っ越して暮らす上でその土地ならではの問題や闇があるはずなのにそのあたりも出てこないですし。
    全巻読もうという気になりませんでした。

  • ゲスト

    2019年3月24日00時32分

    漫画とはいえ嘘くさすぎます。

    虐待された子供でさえ母親の愛を求めてしまうものなのに、こんな小さな子供がここまで母親に懐かないのってありえなくないですか?
    あと、主人公がポンコツ過ぎてイライラするし、ここまで鈍臭いの人が引っ越し前にはきちんと社会人していたのが信じられないです。

  • ゲスト

    2018年9月4日01時54分

    全体的には面白い

    しかし、このハナという娘が……
    いくら小さいとはいっても幼稚園に行って字が書けるくらいの年齢でしょ?
    それにしては、自分勝手すぎて、ありえない!とイラついてしまう。

    私も私の親しい親戚も小さい頃に手のかからない
    (もちろん、たまにはイタズラもして怒られることも多少あったらしいけど)
    外で大声を出さないし急に走り出さないしワガママもほとんど言わないしで
    時々、外で見かける無駄にうるさい子供みたいなことは一切無かったと
    言われているので、

    正直、ハナは自由にさせ過ぎでは?と腹立たしくなります。

    せっかく話は面白いのに、この小さな娘のキャラのせいで
    ほのぼの度が落ちていてがっかり。

    おおらかと自分勝手は違うので、ちゃんと躾る内容も欲しいかも(-_-;)


みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品