全巻(1-6巻 完結)

おはよう、いばら姫(4)

作者:
4.8
58
500
「丘の上のおばけ屋敷」と噂のある空澤(からさわ)家の一人娘・志津(しづ)は、実は「死者の魂を呼び寄せる憑依体質」。家政夫バイト中の高校生・美郷哲(みさと・てつ)と一緒に過ごすうち、いろんな「初めて」の感情を経験し変わっていく。そんな志津に惹かれだす哲だけど……? 不器用な2人の恋が芽吹く新感覚ボーイ・ミーツ・ガール第4巻!
500
おはよう、いばら姫(4)

おはよう、いばら姫(4)

500

おはよう、いばら姫の他の巻・話を読む

全6巻|完結
1 / 1

通知管理

通知管理を見る

おはよう、いばら姫の作品情報

あらすじ

「丘の上のおばけ屋敷」と噂のある空澤(からさわ)家の一人娘・志津(しづ)は、実は「死者の魂を呼び寄せる憑依体質」。家政夫バイト中の高校生・美郷哲(みさと・てつ)と一緒に過ごすうち、いろんな「初めて」の感情を経験し変わっていく。そんな志津に惹かれだす哲だけど……? 不器用な2人の恋が芽吹く新感覚ボーイ・ミーツ・ガール第4巻!

おはよう、いばら姫のレビュー

  • バナナさん
    5.0
    この作品大好きです。
    全巻揃えてからだいぶ経ってますが何度も読み返してます。今日また全巻読み返しましたが、やはり好き。独特の雰囲気が好みです。

    色んなレビューがあったので私も書きますが、私は花野井くん苦手です。
    作家買いで花野井くんも読み始めましたが、どうしても好きになれず途中で読むのをやめてしまいました。
    同じ作家さんなのにそれだけカラーが異なる作品なんでしょうね。
    2023/03/18
  • fuwari
    3.0

    少々小難しい感じ

    花野井くんが気に入りすぎて、同じ作者さんの以前の作品を購入。しかし、小難しい感じでちょっと好みでは無かったかも。
    全然読み進まなくて、全巻一気買いしたのに、数ヶ月放置してた苦笑 でも一通り読み終えると、斬新なお話しでこれもアリだな、と思いました。森野先生の作品は独特で、唯一無二の感じが多いのかもしれませんね。そこが魅力なのですが。
    2021/12/08
  • バナナさん
    5.0

    泣けるぅ( ´。pωq。)

    沢山の愛に包まれているお話に終始涙が止まりませんでした。
    玲さんのような素敵なお母さんや哲くんのような人に寄り添えるような人になれたら良いなぁと思える作品でした。
    大好きー♡♡♡
    2021/01/10
  • cobalt
    4.0

    「花野井くん~」よりこっちの方が好き

    自我の芽生えを凝った設定で丁寧に魅せてくれた描写がとても好きでした。
    「花野井君~」シリーズ苦手な人にもオススメです。
    2021/01/09
  • リンゴさん
    5.0
    同じ作品を繰り返し読むことは滅多にありませんが、これは何度か読んでいます。
    ラブストーリーでもあり、ミステリでもあり。
    登場人物たちが大切な誰かを想いやる気持ちに、心が浄化されるような気がします。
    2020/07/23