シリーズ詳細

19歳で結婚して10年。東新宿一帯を占める流星会の姐としての地位を築いていた紫。しかし、愛する夫である初代流星会会長・高崎流星が突然、この世を去ってしまう。哀しみの中、紫に突き付けられた高崎の遺言は『堅気に戻れ』という紫には信じられないものだった…。
7

みんなのレビュー

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品