シリーズ詳細

日高元(ひだか・げん)、20代男子。子供のころ食堂「アサメシマエ」に救われ料理人の道へ。食堂の閉店を知り、「アサメシマエ」の一人娘・早夜子(さよこ)に店の再開を申し入れるも突き放される。悩んだ元はようやく朝ごはんの意味をみつけ……? 土鍋ごはんに卵黄のしょうゆ漬け、もっちりピタパン、胃にやさしい中華粥、大家族の朝パーティー手巻き寿司、貧血改善のおむすび朝ごはんなど、垂涎のメニューの朝ごはん食堂漫画!
6

マンガレビュー公式レビュー

  • 数あるグルメマンガの中では珍しいハートフルなエピソードてんこ盛りなマンガです。絵が綺麗で料理の見栄えが良い。
    そして人間ドラマも重厚という「あさめしまえ」。タイトル通り朝食専門店のお話で朝食で人生の転機にきっかけを与えるというありそうでなかった朝食マンガです。わたしも朝食で家族幸せにできたらいいなぁ。明日卵黄のしょうゆ漬け。きれいな黄身を一口でばくっと頬張る幸せをかみ締めてみよう。

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2019年2月14日18時28分

    温かみのあるマンガだと思う。
    朝食(食)を通して色々なことを学んだり見つめ直したり。久しぶりに気持ちが温かくなりました。

  • えーこたん

    2016年10月24日07時58分

    優しくてお腹が空きます

    眠れずに苦しい朝を迎えた事がある人
    ご飯がのどを通らなくなった事がある人にも
    食事が心にも体にも元気をくれることを
    優しく温かく伝えてくれる漫画です。

    「ご飯がおいしいと感じられること自体が幸せ」
    なんですよね。
    脳を心を体を温めて動かしてくれる。
    朝ごはんって、やっぱり大切ですね(*^_^*)


    心身の元気さが当たり前ではなくなった今は
    料理で勝負をしたり、味覚の表現を
    派手にするタイプのものよりこっちかな。

  • スーザン

    2016年10月22日21時32分

    つまらない

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品