シリーズ詳細

新卒公務員の義経えみるが配属されたのは福祉事務所。

えみるはここでケースワーカーという
生活保護に関わる仕事に就くことになったのだが、
そこで生活に困窮した人々の暮らしを目の当たりにして――


新聞メディアはもちろん、
現職のケースワーカー、医療、福祉関係者の方も注目する本格派ドラマ!

[生活保護]に向き合う新米ケースワーカーたちの奮闘劇、開幕!

マンガレビュー公式レビュー

  • 生活保護の現場を、温かくそしてリアルに描く本作。でも正直なところ、第1話は、主人公義経えみるのダメっぷりに、読んでいるこっちが絶望します。でも、それは間違いでした!
    2話以降、彼女は次第に自分の判断で、公務員としてしなくてはならないことを考え、例え同僚に反対されたとしても、正しいと思ったらきちんとやり通す。そんな強い意志を持つようになります。生きるってなんだろう、生活するってなんだろう、”健康で文化的な最低限度の生活”を、公務員の目線から見るマンガは、いろんなことを考えさせられる、続きが気になる作品のひとつです。

みんなのレビュー

  • アメトリン*

    2018年2月19日23時20分

    深いが軽快で読みやすい

    深いテーマだが、軽快でとても読みやすかった。勉強にもなるしいい漫画だと思いました。全巻よみたくなりました。

  • ゲスト

    2018年2月18日05時19分

    勉強になる

    中々詳しくは知らない「生活保護」。
    最近体調を凄く崩して会社に行けない日が
    増えて、貯金も減ってきて心配していたので
    読んでみました。
    こういう本こそ、特別無料で読めるとかのサービスがアメバさんであっても良いのになと思います。

  • ゲスト

    2018年2月12日03時32分

    表紙から想像した内容とは違いましたが、読み応えありました。
    生活保護の担当者目線という、なかなか知ることの出来ないことを少しだけ知ることができました。
    受給者がふえているならば、ドラマ化などして世間の理解を得てもいいのではないでしょうか?

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品