シリーズ詳細

まわり道も、迷うことも、きっと大切なこと。中途半端だった有羽は、田中洋平との出会いや、母・美津子の生き方を通して、少しずつ自分を見つめてゆく。柔らかな心で、頑張る女の子には、必ず輝くときがくる。

マンガレビュー公式レビュー

  • こんな自由なお母さん、最高やな。こうなりたい。本作は正反対のキャラクターの母と娘が、一緒に生活していく様を描いているねんけど、この母がもう、「お母さん」という規範からはことごとく外れていて爽快感がある。
    「母親とは、シングルマザーとはこうあるべき」という「あるべき論」とは無縁の彼女に喝采を送りたくなる一冊やね。

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品