読書のお時間です by Ameba 電子コミック20万冊以上!

シリーズ詳細

漫画家・坂井恵理。子どもを欲しいと思ったこともなかったのに、39歳独身にして突然の妊娠! どうする!? 親になるってどーやって!? 戸惑いながらも妊娠生活を楽しむ日々。しかし7ヵ月目、思いもかけない、胎児死亡宣告。自分が、人前で声をあげて泣けるなんて、知らなかった―――。7ヵ月で死産→再妊娠・出産! 坂井恵理の17ヵ月にわたる長い妊娠期間に起こったこと・考えたこと。セキララに描くコミックエッセイ!

公式レビュー

  • 40歳で初産。最近は増えましたが、やはり大変な問題もついてまわるのが高齢出産です。40歳で自然妊娠し、子を持つことを決めた作者の恵理さん。もともと子が欲しかったわけではないのに、いざ出来るとすごく嬉しくて、不安で、こんなに泣けるなんて……。この作品はママやプレママの勉強としても役立ちますが、ぜひ独身のこれから妊娠を考える世代に読んで欲しい作品です。

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2018年4月15日10時41分

    子供が産まれるのは奇跡の連続だと思う

    私は流産を経験した事があります。妊娠した時は、作者のように無事に産まれてくるもんだと
    思っていました。だけど、まさか自分が流産を経験するなんて…。
    その後、再び妊娠し無事に産まれてくれて先月1歳を迎えることが出来ました。時々、イラ〜とする事もあるけど、無事に産まれて日々成長してくれている事に感謝しています。
    この漫画は、妊娠中に思っていてもなかなか聞けない事とか書いてあったりして良かったです。

  • 公宏

    2018年4月8日00時00分

    そーなんだ

    男には新鮮と言うか、そうなんだと思う事が多くあり勉強に成りつつも楽しく読ませていただいています。

  • ゲスト

    2018年4月2日00時46分

    涙あり笑いありで

    無料立ち読みをして、どうしても続きが気になり、最後まで一気に読みました。共感するところも多く、涙がでそうな辛いシーンもありますが、心が和むような作品だと思いました。

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品