読書のお時間です by Ameba 電子コミック20万冊以上!

シリーズ詳細

「このマンガがすごい! オンナ編」2014に第9位を獲得した、注目作家鳥飼茜の青年誌最新作、登場! 原美鈴は24歳の高校教師。生徒を教師の高みから観察する平穏な毎日は、友人・美奈子の婚約者、早藤の登場により揺らぎ始める。二人の間に、いったい何があったのか?――男と女の間に横たわる性の不平等をえぐる問題作、登場!

公式レビュー

  • 現時点における鳥飼茜先生の最高傑作です。
    親友の彼氏に強姦された女教師と、バイト先の店長の妻に無理矢理関係を持たされた男子高校生。
    2人が自らの体と愛を取り戻すまでの、大いなる赦しの物語です。強姦した張本人、早藤を世にも胸くそ悪い男として描ききった、作家としての力に感服しました。
    断罪の物語にもできたはずですが、そうはしなかった作者の選択に拍手。

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2019年5月26日04時59分

    怖いです。この話。

    あー。途中まで本当怖かった…皆どうなっちゃうの…!?とか思ったし…最後まで絶対読んで欲しい。皆の中に渦巻く葛藤に凄いドラマあります‼

  • ゲスト

    2018年5月25日07時35分

    コンプレックスだらけ

    自分に何かしらのコンプレックスを持っていて、フイにそこをつかれた時、心身ともにフリーズしたことがある人なら、読める漫画なんだと思う。

    女性は徹底的に被害者になれるけど、男性は「そういう気になったからできたろう」って、被害者であっても加害者という立場も併せ持つって聞くけど、実際はどうなのかな。
    女性の「襲われた時でも自己防衛で濡れる」のも同様に扱われる事があるけど、恐怖しかない状況では何をされても濡れないのが本当。どこかに余裕があるから反応する。
    男性は?物理的だけでも反応は最後まで続くもんなの?やっぱりどこかに気持ちがあるからできちゃうんじゃないの?

    なんて事を考えながら、読んでました。

    コンプレックスに苛まれていると、人のウイークポイントをキッチリ突いてくる人間に見込まれたら、逃げ道って無いよね、とも。
    諦めが先に立って深みにハマる。

    ヤダヤダって思いながらも、続きが気になる漫画ですねー

  • ゲスト

    2018年3月29日13時08分

    先生の白い嘘

    あんまりよくわからない話

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品