読書のお時間です by Ameba 電子コミック20万冊以上!

シリーズ詳細

出産は病気ではない。だから、患者も家族も安全だと思い込んでいる。毎年この産院で行われる2000件の出産で、約300件の出産は命の危険と隣り合わせだ。その小さな命が助かることもあれば、助からない時もある。100%安全などあり得ない。それが出産。年間100万人の命が誕生する現場から、産科医・鴻鳥サクラの物語。

1〜2巻を無料で読む

無料期間:2019年03月28日まで

公式レビュー

  • 産婦人科医が主人公の産科医療マンガ。
    「切迫流早産」「マタニティブルー」などの妊婦のトラブルのこと、「無脳症」「先天性風疹症候群」などの胎児の病気のこと、他にも「普通分娩と帝王切開」「無痛分娩」「卵子提供」など、妊娠・出産に関わる様々なテーマが感動的に描かれている。

    妊娠・出産を無事に果たせることは奇跡のような幸運なことなんだということに気づくことができる、涙なしでは読むことができない素晴らしい作品。

    プレママさんは是非旦那さんにも読んでもらってほしい。子どもが生まれる前からイクメンになるかも!?

みんなのレビュー

  • あややん

    2018年10月1日15時31分

    見たことあるストーリー

    今回はかなり残念、イマイチ。
    難聴もサラッと。ふーんなるほどね、こんなこともあるのねってかんじ。
    メインは養子縁組なんだけど、以前も中学生が妊娠したやつやりましたよね。ドラマにもなったし。
    その視点が変わっただけで、内容は養子縁組について深く説明されただけ。
    前巻が良かっただけに、私にはイマイチでした。

  • ゲスト

    2018年7月3日14時37分

    切ない

    久しぶりにコウノドリらしいというか、考えさせられる内容でした。

  • ゲスト

    2018年3月25日21時19分

    読むべき

    経産婦なので、内容がかなり沁みました。
    覚悟、そして今ある生活に夫婦ともに感謝をした
    作品です。

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品

  • モーニング 2015年35号 [2015年7月30日発売]
    モーニング 2015年35号 [2015年7月30日発売]