シリーズ詳細

育児休暇明けで職場復帰する編集者である妻・徳田花歩(とくだ・かほ)。明るく元気な妻の代わりに0歳児の息子の世話を任された夫・徳田直(なお)は、ある事情から就職できず、男として自信を喪失していた――。息子と真正面から向き合い格闘する日々が始まり、直はこれまで感じた事のない『父親としての使命』に目覚めていく――。

マンガレビュー公式レビュー

  • これはリアル!働きに出る妻の代わりに夫が専業主夫として育児を行う、これぞ本当のイクメン・ストーリー。
    読んでいると、メインで育児をする人の苦悩は男でも女でも同じなのだなと感じます。
    しかし、この主人公であるパパが他の人と少し違うのは、アスペルガー症候群かもしれないということ。
    こだわりや真面目で几帳面。一見普段では気づかない行動が実はその症状の一つだったのです。
    でも、発達障害があるなしに関わらず、産後うつに陥っていたり育児に悩んでいると同じような局面に出会うこともあるので 同じ育児に悩む親として共感を持つし、パパのことを応援したくなる一冊です。

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2019年7月10日01時10分

    パパの居場所が出来たのかも?オススメ!

    なんの知識もなしに読み始めたら、どうやら専業主夫のパパは発達障害があるみたい、パパ本人も知らなかったけど。
    子育てしながら、器の大きめなママと共に、今迄学校や職場で弾き出されて来た自分の居場所と言うか存在価値を見つけ始める過程がとても良い。
    発達障害の実例を知らないけども、大げさ過ぎず隠し過ぎず自然体なのがとても新鮮で好感が持てる。
    他の発達障害系の漫画のほとんどはワンパターンで「今から病気のあれこれ暴露しますよ~大変で頑張ってたんですよ~」みたいな押し付け感が強すぎて苦手だったので。
    ありがち系は説得力を持たせようとしてなのかとかく本人の思考回路を第三者目線で語りがちだけど、これは発達障害のパパ本人が語り部になってるのが大きいのかも。
    これでずっと生活が出来てゆくなら、やっとパパに居場所が出来たのかもしれない。
    何気にママの器の大きめなとこ(じゃないとこが有るのも自然で良いんだけど)もステキ!

  • ゲスト

    2019年3月21日13時52分

    面白いのに

    何だか心が痛い…。

  • ゲスト

    2018年3月12日14時14分

    おもしろい

    続きが気になって仕方ないです

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品