読書のお時間です by Ameba 電子コミック20万冊以上!

シリーズ詳細

津軽三味線を背負い、単身、青森から東京へやってきた津軽三味線奏者・澤村雪(さわむら・せつ)。師でもあった祖父を亡くし、自分の弾くべき音を見失ってしまった雪だが、様々な人と出逢いながら今、自らの音を探す旅を始める。――「赤ちゃんと僕」「しゃにむにGO」羅川真里茂(らがわ・まりも)が贈る、今一番アツい津軽三味線×青春ストーリー!!

公式レビュー

  • 三味線なんて古臭い!もしそう思っていたら、このマンガに震撼すること間違いナシ。雪の降る音や人の足音はもちろん、三味線の音色と張り詰めた空気を、文字なのにそのまま感じられるすごいマンガです。
    青森から、背中の津軽三味線を頼りに上京した16才の澤村雪の目的は、「自分の音」を探すこと。一流の才能と技術を亡き祖父から受け継いでいながらも、その力をコントロールできずに葛藤する姿を見て、あなたは一体何を学ぶでしょう?
    命をかけて芸を磨く、そしてふと肩の力を抜いて過ごす大切さを、知ることが出来るかもしれません。

みんなのレビュー

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品