読書のお時間です by Ameba 電子コミック20万冊以上!

シリーズ詳細

私がダメ母だったわけ
作者
出版社イースト・プレス
ジャンル女性
極度の人見知り、自分に自信がもてない。でもそれはそういう性格なんだと思っていた。けど、子どもを産んでから、むしょうにイライラが募り、今まで以上の自己嫌悪にさいなまれる毎日。「お母さん」が子どもにイライラするのは普通だとダンナは言うけれど、どうも私の場合、普通じゃないような気がする…。どうしてだろう?可愛いし愛しているのにうまくいかない。そんなやるせない日々の中、ふと気づいた自分の中から湧き出る「怒り」の感情。でもそれは「子ども」に対してではなく、「親」に対するものだった。もしかして子育てがうまくいかないのは「親」のせい?本書は「子育て」を通して、自分の、そして娘との親子の問題を描きます。両親との問題に悩む人はもちろん、核家族化でさらに増えていると思う「子育て」の悩みを抱えている人にも読んで欲しい問題作。

みんなのレビュー

  • akemi

    2018年3月6日02時42分

    思い出しました

    自分と重なる部分があり 続きを読みたくなりました。何となく自覚していましたが はっきりと親からの影響が強く自分の性格に影響していると確信が持てました。もう両親は高齢ですが 許せない気持ちは まだあります。

  • ゲスト

    2018年3月5日14時41分

    自分自身と重ね合わせて読みました

    愛している我が子なのに、怒鳴ってしまう…自分自身と同じだ、と思い購入しました。作者の生まれ育った環境、両親への不満などが現在の子育てに連鎖しているのか…とまるで自分自身のことを描かれているかのようで、グサグサ心に響きました。それでも、重すぎず、かわいらしい絵でサクサクと読めます。

  • ゲスト

    2018年3月3日22時54分

    自分と似てる

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品