美味しんぼ 23

既刊111巻

美味しんぼ 23

550
4.3
3
ある日、街で大柄な美人と出会った山岡。だがこの女性、非常に気が強くてワガママ。ヒールが折れたから靴を拾え、おぶって行け、あげくの果ては、靴屋まで直しに行けと言い出す始末。実はこの女性、二木まり子の叔母の輝子だった。輝子は小説家の片森と付き合っていたが、彼女のワガママと片森の気の弱さが災いして、2人の仲はなかなか発展しないのだという。
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    既刊111巻

    編集部PICKUPシーン