美味しんぼ 20

既刊111巻

美味しんぼ 20

550
4.3
3
ある日、山岡たちと一緒に骨董店を訪れたゆう子は1枚の皿に魅せられてしまった。山岡の見立てによると、この皿は「万暦赤絵」と呼ばれ、明代中国の逸品。ゆう子にはとても手が出せないような高価なものなのだが、店主はなぜか、ゆう子の言い値で良いという。「理由はわからないが、この皿があんたに買われたがっている気がした」からだそうだ。
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    既刊111巻

    編集部PICKUPシーン