美味しんぼ 9

既刊111巻

美味しんぼ 9

550
4.3
3
才能あふれる料理人・宇田が美食倶楽部を辞めたいと言い出した。より大勢の人を喜ばせるために、ハンバーガーショップを始めたいというのだ。最高の牛肉を手に入れ、いよいよ開店の日、海原雄山が宇田の店にやってきた。宇田のハンバーガーを一口食べた雄山は「こんなものは売り物にならん!」と一喝。一般の客たちも見向きもしない。山岡には、その理由が判っていた…。
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    既刊111巻

    編集部PICKUPシーン