蒼の封印 6

全11巻|完結

蒼の封印 6

420
4.6
18
蒼龍のクローンを造り出せる古代鬼門の女王・羅 (らごう)の髪。蒼子はその髪で造られたクローンだった。鬼門復活を阻止するためには、その髪を始末しなくてはいけない。印を結んで探知するという能力を会得し、隠された髪を発見した蒼子。だが、そこには北家の“玄武”高雄が待ち構えていた。そしてそこには、蒼子と同じ髪のほかに色の違うもう一束の髪が!高雄もクローンなのかと思う蒼子だが、彼は北家の最後の生き残りだと言う。そこへ突然、何者かが蒼子に襲いかかる。それこそが、もう1つの髪から生まれたクローン・計都(けいと)だった。蒼子の妹だと言う彼女は“蒼龍”の座を奪おうと、蒼子を殺そうとするが!? ●収録作品 蒼の封印
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    全11巻|完結

    編集部PICKUPシーン