読書のお時間です by Ameba 電子コミック20万冊以上!

シリーズ詳細

蒼子(そうこ)は高校1年生。転校初日から気分が優れない蒼子だが、美しい彼女は学校 の不良のボス・香椎(かしい)に目をつけられる。保健室で香椎に襲われた蒼子は気を失 ってしまうのだが、気がつくと香椎の姿は見えず、彼の服だけが残されていた。翌日、心 配しつつ学校に来た蒼子は、香椎が見知らぬ男に替わっていることに気づく。だが、クラ スメートはいつもと変わらぬ様子。怖くなる蒼子に、姿の変わった香椎が近づく。彼の本 当の名は彬(あきら)。「西家」の“白虎”なのだという。彼は、鬼門復活を目指す「東 家」の“蒼龍”を倒すために生まれたと告白する。自分がその蒼龍という人喰い鬼だと言われた蒼子だが…!? ●収録作品 蒼の封印

公式レビュー

  • 人食い鬼の長である本来の自分を受け入れられず葛藤する蒼子は、鬼を狩る役割の白狐の彬と敵対しながらも惹かれ合います。
    人間が牛や豚や鳥を食べるのと同様に鬼も人間を食べる。何を基準に善と悪にわけられるのか、そもそも人間が決めたルールでしかないのではないか。など、読む側にも問いかける作品。少し長めに現実逃避をしたい人にオススメです。

みんなのレビュー

  • りよ

    2018年2月26日00時43分

    綺麗

    とにかく絵も内容も綺麗。
    最初から最後まで。
    読んで良かったです。

  • ゲスト

    2018年2月23日08時34分

    内容のスケールがすごい。
    作品名が気になると読んでみようかと思うけど、この人の作品はすべてタイトルから気になる。

  • ゲスト

    2018年2月23日08時28分

    古代神話や迷信に加えるアレンジが面白くて、続きが気になる。そこに恋愛も入るから尚更面白い。

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品