月下夢幻譚 3

全7巻|完結

月下夢幻譚 3

420
3.7
6
「こんなにも惹(ひ)かれるのは、清子(さやこ)が“黄金律”だからなのか…?」 逃げられぬ運命と感情の狭間(はざま)で揺れる狼(ろう)。一方清子は、そんな狼の胸中を計れずに、不安を募らせていた。 2人の想(おも)いとは裏腹に、狼の“郷(さと)”での後継者争いは激化していくが、そんな中、行方不明の“生き神”の居場所を知る人物が――!?
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    全7巻|完結

    編集部PICKUPシーン