シリーズ詳細

高校生の清子(さやこ)は、入学当時から気になっていたクラスメイトの狼(ろう)と同じ委員になり、その人となりを知って惹かれ始める。だが、狼にはある秘密があった。そして、清子の体に表れ始めた変化。平穏な日々は、終わりを告げようとしていた。 恐ろしい宿命の扉を開く歯車が静かに回り始めていた……。 刑部真芯が描く、妖(あや)しくも美しき伝奇ロマン、ここに開巻!

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2018年1月2日16時43分

    うーん…どぉだろ?狼、高校生にしては、親父クサくないかな?確かに、格好イイけど若さが足りない…もうチョイ若さ欲しいなー。清子って名前も今時どぉーよ。ヒロイン可愛いから、少しは救われてるかな。後、狼のお母さん狼より幼く見えるから、チョイ不自然。でもお話的には、間違いなく面白い‼

  • ゲスト

    2017年11月30日15時12分

    行き当たりばったり感

    色々思惑が隠れてるけど結末はこうだろうなぁと想像できちゃう

  • Mika

    2018年1月7日21時26分
みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品