黄昏流星群 46

既刊(1-70巻)

黄昏流星群 46

5.0
3
630
葛城邦彦は会社を定年退職し妻と二人暮らしだったが、妻が若年性アルツハイマーを発症。病状は急速に悪化し、邦彦のことも認識することも困難な状態に。そんなある日、邦彦の兄・辰彦の訃報が届く。知らせてきたのは、兄の愛人である村上由美という女性だった。兄の遺品整理のため由美と会った邦彦は、お互いの寂しさを埋め合うように身体を重ねて・・・病身の妻と、兄の愛人だった由美、二人の女の前で邦彦の心が激しく揺れ動く表題作『白色矮星のあなた』。 会社を解雇され、故郷の北海道に戻ってきた加古川照夫53歳。彼は、21歳のときに不思議な”恋”をした経験があった。未来からタイムスリップしてきたという柴崎未来という女と恋に落ち、その後彼女は忽然と消えたのだった。そして2013年、二人は再会を果たしたすが・・・『未来(みく)の星』の2タイトル(全9話)を収録。 大人向けの上質な「弘兼憲史ファンタジー」の世界をご堪能ください!!
作品情報
630
黄昏流星群 46

黄昏流星群 46

630
めくって試し読み

黄昏流星群の他の巻を読む

既刊70巻
1
最初
1 / 7

通知管理

通知管理を見る

黄昏流星群の作品情報

あらすじ

葛城邦彦は会社を定年退職し妻と二人暮らしだったが、妻が若年性アルツハイマーを発症。病状は急速に悪化し、邦彦のことも認識することも困難な状態に。そんなある日、邦彦の兄・辰彦の訃報が届く。知らせてきたのは、兄の愛人である村上由美という女性だった。兄の遺品整理のため由美と会った邦彦は、お互いの寂しさを埋め合うように身体を重ねて・・・病身の妻と、兄の愛人だった由美、二人の女の前で邦彦の心が激しく揺れ動く表題作『白色矮星のあなた』。 会社を解雇され、故郷の北海道に戻ってきた加古川照夫53歳。彼は、21歳のときに不思議な”恋”をした経験があった。未来からタイムスリップしてきたという柴崎未来という女と恋に落ち、その後彼女は忽然と消えたのだった。そして2013年、二人は再会を果たしたすが・・・『未来(みく)の星』の2タイトル(全9話)を収録。 大人向けの上質な「弘兼憲史ファンタジー」の世界をご堪能ください!!

黄昏流星群のレビュー

  • モモさん
    5.0

    大人のための素敵なお伽噺

    弘兼憲史さんの描く味わい深い人物と、世界観に魅せられ、全巻揃えています。

    描かれている愛の形はいろいろ。
    読後感もいろいろ。

    何度も読み返して楽しんでいます。
    これからも、楽しみにお待ちしております。
    2019/02/17
  • Rung by chie
    3.0

    初めてのジャンル、、、

    老人の恋にスポットが当たってる。
    2017/10/26

黄昏流星群

を好きな人におすすめなタグ

編集部PICKUPシーン