黄昏流星群 51

既刊65巻

黄昏流星群 51

550
5.0
3
夫はエリート銀行員。 一見順風満帆な人生を歩む麻紀だが、夫婦関係は冷え切って おり、夫には若い愛人までいる。 自分の人生を自問自答しながら、麻紀は50歳の節目に小学校の同窓会へ。 そこで再会したのは、かつてはクラス中から“フナムシ”とからかわれ いじめられっ子だった船村。 彼は、中卒後、苦労の末に独力で世界的な企業「船村製作所」を立ち上げ 大成功を収めていた。 船村は、子供の頃から今まで麻紀に想いを寄せており、 いまだ独身だという。 夫への後ろめたさを感じながらも、一途に自分を愛してくれる船村の 優しさにどんどん惹かれてゆく麻紀。 だが、ある日突然に、夫が部下の業務上の不正が原因で 船村の会社の経理として出向することに。 つまり、夫が船村の“部下”になるという異常事態が訪れ…!? 40年越しの初恋を描いた表題作『星々流転』と、 隠れ天才数学教師(童貞!)と、妙齢ストリッパーの 純jな恋を描いた『交錯する流星』の2編を収録!
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    既刊65巻

    編集部PICKUPシーン