黄昏流星群 17

既刊67巻

黄昏流星群 17

5.0
3
630
元外交官で、超エリート人生を歩んできた片岡は、70歳になり、家庭の事情から老人ホームに入ることになった。片岡が選んだのは、中学生のころまで住んでいた地方都市にある庶民的なホーム。そこには国民学校時代のマドンナ・富田静枝も入園していた。
カテゴリ
この作品を読んだ人におすすめ
めくって試し読み
既刊67巻

編集部PICKUPシーン