黄昏流星群 4

既刊67巻

黄昏流星群 4

5.0
3
630
獲得予定ポイント3
麗子の店「ラ・メール」に初老の男がやって来る。忘れ物から、その男は『東大の鈴木教授』だとわかる。互いに一目惚れした鈴木と麗子は逢瀬を重ねていくのだった。ある日麗子は、鈴木から、みゆきと二人で預金を預けている金融会社についてのよくない評判を聞いて、通帳と印鑑を預けてしまう。その後、店の常連の刑事の口から、鈴木が『結婚詐欺師常習犯の滝口』であると聞き、麗子は泣き出してしまう。
カテゴリ
この作品を読んだ人におすすめ
めくって試し読み
既刊67巻

編集部PICKUPシーン