黄昏流星群 2

既刊64巻

黄昏流星群 2

550
5.0
3
群馬県の市立博物館に学芸員として勤務する国分みゆきは、仕事上の必要から、本を探しにやってきた神田古書街で、現在はリタイアした73歳の建築家、北村修一と知り合う。友達のアパートに泊まるつもりだったが、都合が悪いと断わられ、やむなく鎌倉にある北村の家に一泊。その後、鎌倉で一緒に食事をしたりと、みゆきは同年代の男性にはない魅力を北村に感じはじめていた。
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    既刊64巻

    編集部PICKUPシーン