ふしぎ遊戯 10

全18巻|完結

ふしぎ遊戯 10

420
4.0
5
青龍七星士・心宿(なかご)に汚され、朱雀(すざく)の巫子の資格をなくしたと思い込む美朱(みあか)。鬼宿(たまほめ)に合せる顔がないと、彼の元を去ってしまう。山中で、大イタチに襲われる美朱だが、青龍七星士・角宿(すぼし)によく似た男に助けてもらう。実は、その男は角宿の双子の兄で、以前、美朱たちをだましていて、川に落ちて死んだと思われていた、青龍七星士の1人・亢宿(あみぼし)だった。しかし今は、記憶をなくし老夫婦の息子のとして西廊(さいろう)国の磨汗(まかん)村で暮らしていた。以前、朱雀七星士のふりをしていただけに、まただまされているのかもしれない、と不信に思う美朱だが…!? ●収録作品 ふしぎ遊戯
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    全18巻|完結

    編集部PICKUPシーン