読書のお時間です by Ameba 電子コミック20万冊以上!

シリーズ詳細

家柄が重んじられる歌舞伎界において、名門の御曹司として生まれたにも関わらず、実力のない恭之助。歌舞伎とは無縁の家に生まれながら、実力のみで最底辺から成り上がろうとする一弥。正反対の2人の男が、なんの因果か同じ女の子・あやめに恋をしたのが物語の始まり。歌舞伎を愛するあやめに好かれたい恭之助は、コネなんかいらないから実力が欲しいと悔し涙を流す。あやめの目の前で主役を張りたい一弥は、名門の養子になろうと…?当代切っての絵師・嶋木あこが描く!笑って泣ける美麗歌舞伎ラブストーリー 第1巻!!

公式レビュー

  • 伝統芸能×三角関係という、とてもドラマチックな恋模様をのぞけます。登場する二人の男性の美しさに、読みながらメロメロになりそうでした……。
    もちろん少女マンガなのですが、少年マンガと見まがうほどに男と男のぶつかり合いもチラホラ。静と動と正反対の美男子二人が歌舞伎という世界で舞う、艶やかな世界に触れられるのもポイントです。

みんなのレビュー

  • mami-gg

    2018年12月11日23時21分

    面白い‼️

    久々にいいのに出会った♡最後まで絶対読みたい作品なりっ♡

  • ゲスト

    2018年3月14日02時55分

    ハマってます(^^)

    作者さんの絵が好きです。男の人の色気を感じます。内容もすごく良くてとうとう買ってしまいました。

    お父さん倒れちゃいました。あやめちゃんと恭之助の仲の進展が楽しみです!
    一弥が婚約しちゃって、残念。好きな人と婚約して欲しかった。でもまたそれも見所なのかなって思います。

  • ゲスト

    2017年12月2日10時03分

    以前から歌舞伎に興味があったので、いつか読んでみたいと思っていた作品でした。無料お試しで3巻読んだのち、その後全巻一気買い。
    すごく面白かったです!才能や花はあるのに無気力な御曹司恭之助と、打算的で冷徹な努力家の門閥外一弥。
    相反する二人が、悩みぶつかり合い、時には離反しながらも次第に成長していくさまが丁寧に描かれていて、途中何度も泣きながら読み進めました。特に最後の連獅子は、絵の迫力もさることながら、そこに詰め込まれた今までの思いが一気に溢れるように感じました。
    絵に関しては綺麗なのはもちろん、場面展開が本当に見事。
    お話も、長いお話の各所に散りばめられた伏線がすべてきれいに回収され、とっても素晴らしい漫画家さんだなぁと感動しきりです。
    ぜひたくさんのかたに読んでいただきたい作品です!
    今度実際に歌舞伎を見に行ってこようと思います(*^▽^*)

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品