あずみ 48

全48巻|完結

あずみ 48

-
630
息のかかった忠長を将軍にすべく、次期将軍・家光と福島正則の謀殺を企む京極は、計画にとって邪魔者であるあずみに謀反の疑いをかけることで、その動きを牽制しようとする。一方、滞在する躑躅ヶ崎館内の不穏な空気から、福島の側近たちは自分たちが京極に陥れられたと気付き…。『あずみ』第一部、ついに完結!!
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    全48巻|完結

    編集部PICKUPシーン