読書のお時間です by Ameba 電子コミック20万冊以上!

シリーズ詳細

OLのみのりの前に突然現れたメガネの男。それは、みのりの父が経営する和菓子屋『雀や』を担当するという銀行員・白石だった。父親が失踪して店は危機、さらに白石は信じられないほど冷たく失礼な男で・・・・・・?「どうせもう逃げられない」が絶好調の人気作家・一井かずみがあなたに贈る、極上な恋の短編集。同時発売の「どうせもう逃げられない」3巻と合わせてどうぞ!

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2018年5月20日20時39分

    うぅ~ん・・・
    この作者大好きなんだけどこの本はなんだかイマイチだった。
    いくら短編でももうちょっとマシな終わり方があるんじゃないの?って思ってしまった。
    なんだか全部中途半端な終わり方でモヤモヤが残りました。

  • ゲスト

    2017年12月9日22時02分

    読みやすい!

    一巻完結のお話で、他の収録のものもサクッと読める完結系なので、一巻で楽しませていただきました。この作者さんの独特の雰囲気のイラストが好きなので、わたしには癒されたお話でした。時々ちょっと漫画よみたいな、なんて時にも読み返したりしています。

  • 玲蓮

    2018年4月28日03時38分
みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品