読書のお時間です by Ameba 電子コミック20万冊以上!

シリーズ詳細

谷 黄理子。32歳。毎朝の日課は、20年使っている“わっぱ”にお弁当をつめること。雑穀米とつけ物は、欠かせない。ちょっぴり家庭が複雑で、職場の上司にも振り回され気味だけど、毎日コツコツ。それが黄理子流。

1巻を無料で読む

13

公式レビュー

  • あなたはお弁当生活してますか?恥ずかしながら私は一ヶ月も続いた試しがありません…。
    でも、この物語の主人公は毎日毎日どんなに忙しくてもお弁当を作り続けているのです。
    生活も実に質素、テレビもネットもしない変わり者女子なので、欲のない生活っぷりを見習いたいくらい。
    そんな彼女にも生い立ちが複雑だったりするのですが、それでも毎日変わらぬテンポでお弁当を食べる姿にほっこりさせられます。

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2019年4月2日11時32分

    荒井が動くのじゃないかと内心心配したけど・・笑
    今回のあの今泉と言うイラッとくる新人が出てきてもう本当にイラッとした!
    自分なら速攻クビにするわ笑

  • Kirara

    2019年3月27日02時38分

    日常を近しい人達を大切にしようと思い直します。

  • ゲスト

    2019年3月25日02時15分

    うざすぎるよ・・・新人ちゃん。この先改心しても性根が悪いからムリ。親子共々。なぜ不採用にしないんだ。

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品