メロンの味 下

既刊2巻

メロンの味 下

5.0
8
670
ふたりで一緒のベッドに寝ることも 日常の一部になった中城と木内。 だが、まだ木内には中城に 言わないでいることがあった。 そんな中、木内の部屋探しは難航。 「ずっとウチに居れば?」 中城はそう言いたくても言えなかった。 木内が本音を出せるような相手には 自分はなれていないと感じたから…
カテゴリー
    めくって試し読み
    既刊2巻

    編集部PICKUPシーン