催眠術入門

既刊1巻

催眠術入門

作者
出版社
5.0
2
大正はじめ――。高等学校時代からの友人・林周に会いに、彼が勤める大学に足しげく通っている龍彦。その日も周の研究室を訪れ、世間で大流行している「催眠術」の話をすると、周はインチキに決まっていると言う。そこで、彼を実験体として、龍彦が催眠術をかけてみることになる。――すると、龍彦が予想もしなかった姿を周が見せ……。
カテゴリー
    めくって試し読み
    既刊1巻

    編集部PICKUPシーン