シリーズ詳細

フランス宮廷-そこは世界一華やかで贅沢さを競い合うセレブたちの憩いの場。時は18世紀、若き皇太子妃として、オーストリア・ハプスブルグ家よりマリー・アントワネットが嫁いでくる。皇太子夫妻を護衛するのは、男装の麗人・オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ。宮廷では愛くるしいアントワネットへと人気が集まるが、ルイ15世の愛人・デュ・バリー夫人が社交界を牛耳っていた…。皇太子妃VS国王愛人で盛り上がるベルサイユ。そして、対立はオスカルをも巻き込みやがて国際問題へと発展していき…!?類を見ない大ブームを巻き起こし今なお世界中の人々を魅了してやまない不朽の名作!第1巻

マンガレビュー公式レビュー

  • フランス王妃マリー・アントワネット(実在の人物) と男装する美女・オスカル(架空の人物) の二人を主人公に、フランス革命前後の、 運命に翻弄される人々を描いたマンガ。 史実を基にしているので、歴史の勉強にもなります。 「そのショコラが熱くなかったのをさいわいに思え!!」 と言って分かる人とは仲良くなれそうです。 分からない人はぜひ全巻読んでください。 読むと確実にオスカルに惚れてしまうので、 それだけは注意してくださいね…。

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2018年6月20日22時04分

    懐かしい!

    長く読んでいなかったので、こんな設定だったのねという部分もあったけど、やはり、スケールの大きさは、今、読み返しても変わりません。
    映画化された時、観ましたわ(^^)

  • りおん★

    2014年11月23日00時29分

    良い時代

    ベルばらは、ベルばらフリークとまではいかないにしろ、テレビ放送の宝塚版ベルサイユのばらのイメージとあの時代、お尻を強調したドレス、
    鯨コルセット、リボン、きらびやかな世界と
    男装の麗人、このワードやエッセンスだけでも
    いつかは読んでみたかった!
    それが今は無料連載しているなんて。
    今の時代で読めてしまうなんて。

    良い時代になったなァと思わずにはいられません。
    マリーアントワネットが好きです。
    無邪気で。愛らしくて。
    どうやって恋に落ちてゆくのか
    今から楽しみです((o(´∀`)o))ワクワク

  • ちこ☆

    2014年1月20日14時17分

    いつ読んでも素晴らしい!

    何回読んでも感動です!

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品