読書のお時間です by Ameba 電子コミック20万冊以上!

シリーズ詳細

夫は大事です。でも、好きな人ができました。 結婚××年。家族のために生きてきました。それで幸せ、それが幸せ、と思っていたけれど、最近娘が、もっとキレイなお母さんでいてよ、なんてことを言いだした。母だけじゃ、いけないのでしょうか─。

公式レビュー

  • 女は母になったら、もう女は捨てなければいけないのか。家族を愛し、家族のために生きる、よき母で主人公の夏。ある日夫の思いつきで、ときめきを思い出すよう、部下の色男から口説かれることに。しかし、これがきっかけで2人は禁断の恋に落ち、夏は女と母のはざまで苦しみ始めます。 女は一生の中で、いくつもの役割を演じます。それが正しいこととして、私たちは受け入れてしまいがちですが、この作品を読んでいると、ときめきとともに、どう生きるかは自分が決めていい。むしろ自分が消めていかないと、死ぬ間際に大きく後悔すると思えてきます。

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2018年10月17日13時50分

    ラストにまさかの展開が。東京公演を感じる展開を願って読んでたのに、あまりにも残酷な結末を感じさせる展開で泣ける。

  • ゲスト

    2018年4月19日20時00分

    リアリティがないかなあ。

    現実に、こんいうこと、あるのかな?
    おばさんの、おとぎ話みたい。

  • ゲスト

    2018年1月8日07時56分

    すっごく内容がよかった!お小遣い削ってでも購入して読みました。でもやっぱり女としては道ならぬ恋でも好きな人に抱かれたい…と思ってしまいました。
    ラストのあれはないと思います。最悪です。

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品