全巻(1-10巻 完結)

のんちゃんの手のひら 6

4.0
5
500
ダウン症児の乃梨子。養護学校を勧められるも、分けないでほしいという親の思いから普通小学校に入学。周りのお友達に助けられることも多い乃梨子だが、乃梨子もまた、周囲の子供達を変えてゆく。自然と他者を思いやれる子供、それはやがてクラス全体のまとまりにつながっていった。そして、3年生に進級した乃梨子。新しい先生やお友達になり、なかには乃梨子につらくあたる子も出てきて───!?
500
のんちゃんの手のひら 6

のんちゃんの手のひら 6

500

のんちゃんの手のひらの他の巻・話を読む

全10巻|完結
1 / 1

通知管理

通知管理を見る

のんちゃんの手のひらの作品情報

あらすじ

ダウン症児の乃梨子。養護学校を勧められるも、分けないでほしいという親の思いから普通小学校に入学。周りのお友達に助けられることも多い乃梨子だが、乃梨子もまた、周囲の子供達を変えてゆく。自然と他者を思いやれる子供、それはやがてクラス全体のまとまりにつながっていった。そして、3年生に進級した乃梨子。新しい先生やお友達になり、なかには乃梨子につらくあたる子も出てきて───!?

のんちゃんの手のひらのレビュー

  • avatar
    リンゴさん
    5.0
    時代に先駆けて、デリケートで難しい主題に、正面から取り組まれた作者様の姿勢に、脱帽です。

    苅野くん達との同窓会(最終巻、番外編)で、確かで揺るぎない、思い出の6年2組という、「帰る場所」がある素晴らしさを痛感しました。
    無償の愛と肯定と受容にみちみちた家族と、共に育て合う初等教育がこうであったなら、その子それぞれの良い資質は、限りなく伸ばして行けるかのかもしれない。
    さまざまな問題提起が含まれ、現実はなかなかこんなふうにはならないとしても、一度は全巻通読お薦めの、名作です。
    2021/10/15
  • avatar
    モモさん
    5.0

    やさしい気持ちになれる大好きな漫画です。

    時にハラハラ、時に理不尽な差別に怒りを感じながら、
    純粋な笑顔の持つ力に、気持ちが温かくなりました。

    世の中、うまくいくことばかりではありませんが、
    精一杯生きようという気持ち、
    子供を見守ろうという気持ち、
    わかってくれる人がいると信じる気持ちが
    大事なのだと考えさせられます。

    綺麗事ばかり、とのレビューも読みましたが、
    はたしてそうでしょうか?
    厳しい現実や家族の葛藤も織り込みながら、
    希望を抱かせてくれるストーリーに
    気持ちのいい読後感を覚えました。
    何度でも繰り返し読みたいと思います。
    2021/04/12
  • avatar
    S子、オーストラリア在住の整形ブログ
    4.0
    ダウン症児を授かった夫婦が、悩みながらもポジティブに子育てしていく話。
    実際には本当に大変なんだろうけれども、周りの人達と経済的に恵まれていてとても幸せそう。
    出会えてよかった作品。
    2020/04/29
  • avatar
    バナナさん
    1.0

    綺麗事もたいがいにしましょうね。

    まず、のんちゃんの顔。
    ダウン症児があんなに可愛らしいわけないでしょう。
    みーんな同じような顔。
    漫画の中に出てきましたが、逆差別と言われてますね。
    それは親の対応が悪いんですよ。
    ほぼ幼稚園任せ。しかもその幼稚園も親のコネ。
    こんな漫画が蔓延られたら逆に障がい児への偏見増えますよ?
    2019/05/19