全1巻|完結

運命のキスはおあずけ

3.7
7
「俺はお前の運命の番だ」Ω性ゆえに夜の仕事につくナナオは、αの傲慢さを軽蔑し、自らの体で屈服させてきた。ある日、客として現れたエリートαの有坂に番だと告げられる。当然拒否するが、体は本能に抗えず有坂を求め続け――。まっすぐで純粋な有坂の愛に少しずつ心を開いていくナナオは、運命を受け入れるのか? スパダリα×オメガキャバの女王 体から始まる不器用なオメガバース・ラブ
カテゴリー
    全1巻|完結

    編集部PICKUPシーン