シリーズ詳細

他者とのコミュニケーションがとりにくい自閉症児の困難な育児を描いて、圧倒的な反響を呼んだ感動作品!!

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2019年10月12日01時28分

    こなキラキラ対応求められてもね

    なるほど。うちの子障害児だけど皆といっしょよウフフオホホみたいなスタンスの親って、こういう所から夢見てんのかなという感想。

    実際のところこんな重度の子がクラスにいたら迷惑以外の何者でもないし、おなじをもとめて配慮配慮と言われてもね。

    自閉症児への対応については勉強になる部分は多い。


    絶対そうなのに認めない親のせいで迷惑被ることも多々あるので、知っておいて損はない。

  • morinomanga

    2019年6月26日08時32分

    教科書にすべきな作品。主人公に力がもらえる。

    子供が自閉症だと知らずに疲弊する主人公(母親)、全く家事を手伝わない夫、子供に何も理解を示さず全てを嫁の育児のせいにする姑。
    問題が山積みだったところを、主人公が子供のために頑張って、自分を変え、環境を変え、他人を変える姿に本当に励まされます。

    自閉症の子の一例としてとても勉強になりますし、全ての人がこの漫画を読めば、もっと障害を持つ人を受け入れて、その人のことを思いやれるのになと思います。

  • ゲスト

    2019年3月10日07時37分

    申し訳ないけど綺麗事過ぎる。

    障害があるから仕方ないのは理解出来ます。
    周りの助けが必要なのも理解出来ます。
    でも東夫婦はちょっと甘えすぎ。
    「申し訳ない」と言いながら結局は周りへの配慮より自分たちの意志を貫こうとしてばかり。
    光くんのためと言ってるけど、光くんレベルの意思表示しか出来ない子が「支援級の方がいい」と言える訳もなく、結局は東夫婦が養護学校(現特別支援学校)を一番差別してるんじゃないの?って思います。
    支援級の先生への態度も良くないし。
    こういうモンペがいるから、本当に頑張っている障害児やその親までモンペだと思われてしまうんだなって感じ。
    綺麗事にまとめてるけど、周りはいい迷惑だと思いますよ。
    何故ここまで言えるかと言うと、うちの子も軽度知的障害、軽度の自閉があるからです。
    自分たちの主張ばっかり通そうとする障害児親って結構いるんですが、その人たちのバイブルがこの「光とともに…」なんですよね、だいたい(笑)
    そういう親はこの話大好きで、うちも光くんみたいに扱って欲しいとか言うからマジでうんざり。
    時代もあるんでしょうけど、こんな綺麗事じゃないですからね、現実は。
    漫画だからで済ませてくれない夢見ちゃう障害児親を見事に増やしちゃってくれたなって感じです。

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品