レビュー記事

超激務!働きすぎマンガランキング

  • 健康で文化的な最低限度の生活
  • 化野さんはすでに死んでる。
  • 社畜! 修羅コーサク
  • 中間管理録トネガワ
  • 重版出来!
ブラック企業が問題になっており、ブラック企業大賞などが選ばれることによって、社内の働き方を見直す企業も増えています。ですが、働かせすぎの企業、働きすぎの社員はまだまだたくさんいます。
今回はそんな働きすぎマンガを集めました。
  • 日常生活を送るうえで困難を抱える人の相談、援助を行う仕事、ケースワーカーになった新米公務員の奮闘を描いています。
    生活保護の現場ってこんなに大変だったとは……! 生活保護の受給者にもやむにやまれず受給に至った人や、受給を安易に考えている人など、様々な人がいることが克明に描かれています。
    自分たちが支払っている税金が大量に投入されている生活保護の実態を知るきっかけになる、勉強になるマンガです。
    このマンガを詳しく見る
  • 化野さんはカワイイ新入社員。ちょっと他の社員と違うところは、「すでに死んでいる」ということ。そう、化野さんはゾンビだったのです。
    すでに死んでいるにも関わらず、「死ぬ気で頑張ります」とやる気満々の化野さん。仕事に全力投球する姿がけなげで、たまに繰り出すゾンビジョークは笑えます。こんなカワイイゾンビお仕事マンガは、はじめて読みました!
    このマンガを詳しく見る
  • 毎日終電まで働き、へき地に飛ばされても命令に従い、台風をもろともせず定時出社する、そんな社畜の鏡が本作の主人公です。
    「俺って社畜なんだよね」と自己申告する人は、ぜひ、本作を読んでいただきたいですね。自分がまだまだ社畜の風上にもおけないことを思い知るでしょう
    完璧な社畜根性を身につけ、目上の人には土下座もいとわない主人公ですが、読み進めるうちにカッコよく見えてくるから不思議です。笑える社畜が見たい方はぜひ!
    このマンガを詳しく見る
  • 『賭博黙示録カイジ』の登場人物の1人、中間管理職につく利根川幸雄を主人公としたスピンオフ作品です。
    「『賭博黙示録カイジ』って生きるか死ぬか、みたいな終始緊迫感のあるマンガでしょ? そういうのって苦手なんだよね」という人にこそぜひ本作を見ていただきたいです。
    本作は、中間管理職である利根川の生きざまがコミカルに、終始バカバカしいテンションで描いたギャグマンガです。2ページに1回は笑えることを保障致します!
    このマンガを詳しく見る
  • 主人公は柔道の全日本ジュニアで優勝するほどの、超頑張り屋さんの女の子。
    そんな彼女が柔道の次に情熱を注ぐことを決めたのが、マンガづくりでした。マンガの編集者として成長していく主人公を通して、マンガづくりの裏側を垣間見ることができます。
    マンガって、こんなにたくさんの人たちの想いと仕事によって私達の手に届いているんだ……と一冊のマンガに込められた想いを再認識できる作品です。
    このマンガを詳しく見る
こじらせ恋愛難民Ryoko
37歳 | 読書のお時間ですスタッフ
同じ彼氏と半年続いたら「Ryokoにしたらめっちゃ続いてるやん」と言われる京女。
「王子様は現実にはいない」と先日やっと気付いたので、イケメンは主にマンガで補ってます。現実逃避のために読んでるマンガにリアルに励まされてます。このままでいいんでしょうか?

この記事をシェアする

© CyberAgent, Inc.