レビュー記事

【イケメン×歴史】社会の成績オール1の私がハマった歴史ものマンガTOP5

  • ちるらん 新撰組鎮魂歌
  • ゆかりズム
  • 天地明察
  • 北走新選組
  • お江ものがたり
学生時代、社会の成績は常にオール1。歴史の授業で覚えている言葉はアウストラロピテクスのみ。そんな歴史オンチの私ですが、不思議なことに登場人物がイケメンだと苦手な歴史ものも苦にならないんです。
ということで、今回はイケメンが登場する歴史ものマンガについてご紹介したいと思います。
  • 人に驚かれるほど歴史オンチな私が、勉強のためにと手に取ったのがこのマンガ。鬼の副長で知られる土方さんを筆頭に、新撰組が不良チックに描かれています。ヤンキーマンガ好きの私はその時点で即ハマり。
    作品の魅力は土方さんが“完璧すぎない”という部分。抜けた一面を持ちつつ、戦では絶対に諦めない姿。男気溢れる彼の姿を見て、ますます新撰組を知りたいと思った歴史オンチの私なのでした。
    このマンガを詳しく見る
  • ある日私が前世占いをしたところ「渋谷の路上で売られていたウサギ。売れ残って、売り主と凍死した」と真顔で伝えられました。ええ、現実とは残酷なものです。
    とはいえ誰もが自分の前世って気になるのでは?そんな前世の記憶がテーマの歴史マンガ。現在と江戸時代の遊郭を行き来しながら、記憶を取り戻す主人公。前世の記憶を知ることにより、現世はどう変わるのか? 読み進めるごとに期待が膨らみます。
    このマンガを詳しく見る
  • 私は理数系をはじめ勉強全般が苦手。そんな私が何気なく読み始めたこの作品は、算術や天体がテーマ! 当然、思いました。あっ、これ私には向いてないやつだと。
    しかし予想に反して世界観にハマりました。算術や天体のことはまったくわかりませんが、夢中になって読み進めてしまうほどの魅力十分。読了後は何だか自分まで賢くなったような気分に。……まあ、実際は1ミリも成長していないんですけどね。
    このマンガを詳しく見る
  • 極度の歴史オンチだけど、学びたい気持ちはある。そんな人は、難しいことは考えずこの作品をご覧ください!
    野村利三郎、相馬主計、土方歳三、3人の生きざまを描く作品。新選組を知るには絶対に欠かせないバイブル本となっています。
    1巻完結であるのに、その中に込められた物語の深さやそれぞれの本心……。私も学生時代にこの1冊と出会えていたら、立派な歴女になれていたはずなのに……。
    このマンガを詳しく見る
  • まずは謝らせてください。これまでお江の存在を知りませんでした。こんな私が歴史について語っちゃって申し訳ありません!(汗)
    同時にこの作品を読んで、二重の意味で謝りたい。幾度もつらい状況で絶望を味わっても、決して諦めない。そんなお江をなぜ今まで知らなかったのか。
    そして思いました。私もいつかお江のように強く美しい女性になりたいと。そんな勇気をもらえた1冊でもあります。
    このマンガを詳しく見る
自堕落な生活とくだらない笑いを追い求める関西ライターLISA
33歳 | スペシャリスト
フリーライター/コラムニスト。
高校時代は青春のすべてをギャルサーにささげてきた元・ガングロギャルだが、中身は生粋の漫画&ゲームオタク。
少年・青年漫画を中心にメジャーからマイナーまでジャンルを問わずに何でも読む雑食系。でも王道ジャンプだけはやっぱり別格だと思っています。

この記事をシェアする

© CyberAgent, Inc.