レビュー記事

こんな魔法能力が欲しい!「ミラクル魔法マンガ」5選

  • 魔法使いの嫁
  • シュガシュガルーン
  • ふらいんぐうぃっち
  • スミカスミレ
  • マギ
もはや自分の知らないところでもいい。この世のどこかに妖精や魔法が存在しているかもしれない。そう思うだけでワクワクしませんか。
今回は、魔法を描いたマンガを厳選。表紙を開いたその瞬間、美しいファンタジーの世界に惹きつけられるでしょう。
  • この作品のポイントは、恋物語であり、家族の物語であるところ。孤独な魔法使い・エリアスと奴隷として売られた日本人の娘・チセ。連理の枝、比翼の鳥とも言い難い「二人だけの絆」を紡いでいきます。
    そんな二人を囲むのが、目を奪われるほど美しい魔法の世界。住人たちとのふれあいや日常を眺めながら、次のページを早くめくりたくなる気持ちが抑えられなくなります。そう、読者は既に魔法にかかっているのかもしれませんね。
    このマンガを詳しく見る
  • 実は、安野モヨコ先生初めての少女向け作品がこの『シュガシュガルーン』。子ども向けだからこそ可愛くて、ファンタジック。それでいて子どもたちを素敵な大人に導いていけるようなマンガ……。先生の込めた想いがひしひしと伝わる作品です。魔法と共に、女の子たちが初めて経験する恋のトキメキがたっぷり描かれています。
    たくさんの人と関わりながら、一人前の魔女を目指すショコラの成長過程も見どころの一つ。大人になってからこそ読みたいファンタジーです!
    このマンガを詳しく見る
  • 「魔女」のしきたり、ご存知ですか。15歳になったら独り立ちをして、家を出る……。一人前の魔女になるため、青森に引っ越してきた少女の物語です。
    この作品の魅力は、魔女を目指す真琴が本当に身近に思えるところ。極度の方向音痴だったり、スーパーに並ぶホウキでお試し飛行してしまったり、一見マイペースな普通の女の子にしか見えません。舞台が青森という、魔法なのに「和」の世界観も高ポイントです。
    このマンガを詳しく見る
  • 魔術、呪い……魔法には様々な種類があります。妖術もその一つ。60歳の澄は、屏風に封印されていた猫・黎によって「青春を楽しみ、恋をしてみたい」という望みを叶えられることに。17歳の少女・すみれになったため、その年齢差はなんと50歳超え!
    いわゆる「ジェネレーションギャップ」に悩む澄を、なんやかんや言いながら支える黎の姿に少しホッコリ。過去の自分と、なりたい自分との差に悩む女性の姿は、何度読んでも考えさせられるものがあります。
    このマンガを詳しく見る
  • かわいらしい絵柄ではありますが、実は「千夜一夜物語」をモチーフにした作品。シェヘラザードなど名前にも、その名残が見られます。それぞれ壮大なドラマを抱えている登場人物たち。自分の闇と戦いながら、世界を良い方向に導こうと努力を重ねます。
    ファンタジーではありますが、心にグサッとくるリアリティがあるのが、普通の魔法マンガとは異なるところ。人が生まれながら持つ闇と光を描くストーリー、きっとすぐに引き込まれてしまうはず!
    このマンガを詳しく見る
5年の恋愛を引きずるライター 花輪えみ
29歳 | スペシャリスト
コラムニスト/ライター。
学生の頃から付き合っていた彼氏と5年目で別れ、恋愛モードを一時停止。その彼との別れで生まれた「後悔」が、執筆の原動力となっている。現在、大量のマンガ・小説からエネルギーを充電中。

この記事をシェアする

© CyberAgent, Inc.